掛川深蒸し茶へのこだわり 掛川深蒸し茶は、自然の味覚を追求した本物志向のお茶です。
お茶の葉を強く蒸すことによって「甘くまろやか」で「コクのある旨さ」が生まれ
新鮮な香りと鮮やかな緑色には芳醇な茶園の風景が重なります。
見た目よりも味に重点を置く製法は、形がやや崩れることは避けられませんが
自然の息吹が感じられる「本物」の味をお楽しみいただけます。

掛川茶の専門店「丸玉園」は創業60年。

丸玉園がお茶の製造・小売として開業したのは、六十年前にさかのぼります。
戦後間もない時代、「できるだけ多くの人に美味しいお茶をとどけたい」という先代の思いからスタートした丸玉園も皆様のご愛顧により六十年の節目を迎えることができました。現在は三代目が家業を継いでおります。
丸玉園が三代にわたりこだわり続けたのはお茶の味です。焼津地域の気候・風土に最も適した、甘くとろみのあるお茶をお届けするために、茶葉の仕入れから自社工場での加工まで品質にこだわったお茶作りを徹底しています。特にお茶の味を決定する火入れにおいては、四季折々の焼津の気候に応じて火加減を調節し、季節で最も美味しいお茶を提供できるよう努めております。
お茶どころ静岡の焼津にて六十年間の伝統を持つ「茶匠 丸玉園」の味をどうぞお楽しみください。

掛川茶 丸玉園 3つのこだわり