茶匠 丸玉園(まるたまえん)

この冬、あなたも緑茶でキレイを目指しませんか?

がん予防には「あの飲み物」がいいってホント?

キレイになりたいなら、緑茶に注目!

「いくつになっても綺麗な肌を保ちたい」…そんなあなたにオススメなのが緑茶です。
緑茶には弾力性のあるみずみずしい素肌作りに欠かせない”ビタミンC”が多く含まれており、緑茶3杯に対するビタミンCの含有量はりんご1個分にも匹敵します。

ビタミンCの特長

  1. 肌に弾力性を与えつつ水分の減少を防ぎ、肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑制する
  2. 肌のコラーゲンを合成し、ダメージを与える活性酸素を抑えるので肌荒れを防ぐ
  3. 肌を引き締め、皮脂の分泌を抑えてくれる作用があるので毛穴の皮脂汚れのケアに効果的

ビタミンCを含む美容液などが注目されていますが、ご覧の通り、お肌にとって良いこと尽くしの成分なんです。

ちなみに…タバコを吸うと体内のビタミンCがニコチンによって破壊されてしまい、肌が荒れてしまう可能性があります。
そんな時にもビタミンCが豊富に入っているお茶を飲んで、手軽にビタミンCを補給しましょう。

肌荒れには緑茶洗顔

肌荒れには緑茶洗顔

緑茶には、美白ビタミンとも言われるビタミンCが豊富に含まれており、肌を白くする作用が強いと言われています。
また緑茶に含まれるカテキンには、アルコールよりも強いといわれるほどの殺菌作用があります。
だから緑茶洗顔は美白にもニキビにも良いと言われているのです。

知りたくない事実ではありますが、実は私たちの皮膚には驚くほどたくさんの細菌が住みついています。
これらの細菌の一部はニキビの炎症を悪化させる原因の一つなので、繁殖を抑えなければいけません。

殺菌作用がある緑茶で洗顔することで細菌の繁殖が抑えられ、炎症や悪化を防ぐことができます。
また、緑茶には収れん作用があるので、緑茶を皮膚につけると毛穴を引き締めてくれるんです!
ニキビは皮脂の過剰な分泌が原因になってできる場合が多いですから、毛穴を引き締める作用のある緑茶洗顔はニキビの改善や予防につながってくれます。

お茶を使った美容法

お茶を使った美容法

緑茶洗顔

  1. 飲む時と同じように緑茶を淹れ、洗顔用に適量を取り分けてじゅうぶんに冷ます。
  2. メイクや顔の汚れを石けんなどでふだんどおりに洗い落とす。
  3. 1のお茶で仕上げに顔を洗う。
  4. 緑茶洗顔後は、タオルなどで緑茶を拭き取らず、できるだけ自然乾燥させる。

緑茶パック

  1. 茶葉をすり鉢ですったり、ミキサーにかけて細かくする。
  2. 小麦粉と水を混ぜて、たれない程度の硬さに練る。
    ※茶葉と小麦粉の割合は1:2程度
  3. 肌にまんべんなく伸ばし、5~10分後洗い流す。
    ※目や口の周りは避けるようにしてください

この記事を読んだ方におすすめの商品